松茸の賞味期限はどのくらい?おすすめの保存方法は?

賞味期限

だんだん秋めいてきました。

秋の味覚の松茸を食べるのを楽しみにしている人も多いかもしれませんね。

この松茸の賞味期限はどのくらいなのか

おすすめの保存方法はあるのか?

気になったので調べてみました。

 

 

目次

松茸の賞味期限はどのくらい?

 

松茸は意外と日持ちがしないです。

賞味期限は短いですね。

 

 

常温:2日程度

冷蔵庫の野菜室:4日~1週間程度

冷凍庫:1ヶ月程度

 

 

松茸といったらあの独特な風味が魅力なので

冷凍庫で保存だとどうしてもあの風味が落ちてしまうのがちょっと残念ですね。

購入したらできるだけ早く食べるのがやはりいいです。

 

 

冷凍保存した松茸の美味しい食べ方

 

冷凍保存した松茸は半解凍で料理に使うのがポイント。

焼き松茸には向きません。

シンプルに焼き松茸というものより

スライスして炊き込みごはんの具にしたり
汁物に入れたり
土瓶蒸しにしたりが良いです。

 

冷凍保存したものは解凍した時ドリップが出るので

ドリップの旨味が料理に活かせるようなものにしたほうが良いです。

 

 

松茸にカビが生えていたり見た目がドロドロになっていたら傷んでいる可能性があります。

傘の中の色が変色していたり匂いからもわかるのでチェックしてみてください。

 

松茸のおすすめの保存方法

 

松茸を保存する場合ひと手間かけましょう。

一つずつを新聞紙やキッチンペーパーに包んでから冷蔵庫に。

この一手間をかけて保存するといいですよ。

 

干し松茸にしてみる

お買い得品の松茸をゲットした人は思い切って干し松茸にしてみるのもいいかも。

干し松茸にすれば保存期間は伸びますね。

高級の松茸は即いただくのがベスト。

でもお買い得品の松茸ならいいですよね。

 

干し松茸の作り方

 

1いしづきの汚れた部分を削り取る

2松茸の汚れをキッチンペーパーなどでとる

3薄くスライス

4ザルなどに並べてしっかり乾燥させる。

5密閉容器や保存袋に入れてしっかり保存。

 

しっかり乾燥させるとかなり日持ちしますよ。

 

美味しい松茸の選び方

 

美味しい松茸を選ぶポイントがあります。

 

 

軸が太くて硬いもの

表面が湿っているもの

傘があまり開いていないもの

重みがあるもの

 

 

虫食いの可能性があるので軸は硬いものを選んでください。
表面が乾いているものは香りが飛んでしまっている可能性があります。
湿っているものを選んでくださいね~

 

 

関連記事